最新制度解説

速報(JS-Weekly)

〈厚生労働省〉

「ケアプランデータ連携システム」国際福祉機器展で広く周知を

JS-Weekly No.894

#ケアプランデータ連携システム

「ケアプランデータ連携システム」の仕組みや効果を分かりやすくアピール

 厚生労働省は8月31日、自治体の介護保険主管課(室)と介護保険関係団体に宛てて、事務連絡を発出し、「ケアプランデータ連携システム」周知についての情報提供を行った。

 同システムは、公益社団法人国民健康保険中央会(以下、国民健康保険中央会)が構築したもの。国民健康保険中央会は、その仕組みと取り入れた場合の効果を周知し、利用促進すべく、第50回国際福祉機器展に出展する。9月27日〜29日のリアル展では、実際の操作を体験できるデモンストレーションのほか、ミニセミナーも企画している。また、8月28日から始まっているWEB展(10月30日まで)では、プロモーション動画を公開中。厚生労働省は、同システムの利用を検討している居宅介護支援事業所および居宅サービス事業所にとって非常に有益な情報であるとしている。

WEB展で公開中の動画では、仕組みや利用による具体的なメリットを分かりやすく紹介。
出典:国民健康保険中央会

参考資料①
参考資料②