トピックス

老施協TOPICS

2021年2月・会議ダイジェスト

2021.2 老施協 MONTHLY

公益事業

第9回正副会長・委員長会議(通常)(WEB会議)2021年1月8日(金)

各委員会の令和3年度事業計画・予算についてのヒアリングが行われた。平石朗会長は冒頭の挨拶で「すべての事業計画は有益なものだが、『成果が会員に実感できるものか』『全国老施協にしかできないものか』の2つを見直しのポイントとする」と、検討の方向性を示した。
ヒアリングでは、各委員会・部会が資料をもとに事業計画案と予算案を説明。その内容を精査するための活発な意見が交わされ、事業の絞り込みに向けた検討が行われた。
平石会長は「各事業の費用対効果を見極めて整備をする必要がある。委員会間での横の連携を諮り、運営手法を変えていくことも大切」と述べ、事業の優先度や会員満足度向上を考慮したさらなる事業の精査を改めて求めた。

法人事業

軽費老人ホーム・ケアハウス代表者会議(WEB会議)2021年1月25日(月)

冒頭に厚生労働省老健局高齢者支援課より、軽費老人ホーム・ケアハウスをめぐる最近の動向として、令和3年度介護報酬改定の関連事項や、令和3年度予算案における軽費・ケアハウスに関する内容が説明された。その後、各ブロック代表者から施設運営における現状や課題、地方交付税などについて意見交換と情報共有が行われ、対応の方向性などを協議した。

法人事業

養護老人ホーム代表者会議(WEB会議)2021年1月26日(火)

この日は各ブロック代表者からの報告、討議に先立ち、厚生労働省老健局高齢者支援課より、養護老人ホームの最近の動向をテーマに、地方交付税や令和3年度介護報酬改定を踏まえた養護老人ホームの見直し事項、令和3年度予算案などについて説明が行われた。その後、各地域における養護老人ホームの現状と課題が報告され、情報を共有するとともに対応策などを協議した。

軽費・ケアハウス

新型コロナウイルス感染症対策や
施設運営などの現状と課題を協議

ポイント

1)型コロナウイルス対応に関する課題について多くの声が挙がる
2)施設運営・経営の持続可能性について、制度上の課題があることを確認

全国老施協軽費老人ホーム・ケアハウス部会は1月25日、代表者会議をオンラインで開催し、各ブロックにおける軽費老人ホーム・ケアハウスをめぐる現状と課題について討議した。オブザーバーとして厚生労働省老健局高齢者支援課の岩本博課長補佐らも参加し、軽費・ケアハウスをめぐる政策の動向などを説明した。

養護

多くの施設が“措置控え”実感
地方交付税について活発な議論が展開

ポイント

1)養護老人ホームの多くの施設がいわゆる“措置控え”を感じている
2)入所者の重度化等への負担増や基準配置に関する声が多く挙がる

全国老施協の養護老人ホーム部会は1月26日、代表者会議を開催し、全国8ブロックの代表者がオンラインで集まり、養護老人ホームをめぐる現状と課題や地方交付税について活発に協議した。前日の軽費・ケアハウス代表者会議に続き、オブザーバーとして厚生労働省老健局高齢者支援課の岩本博課長補佐らが参加した。

広報委員会

第13回介護作文・フォトコンテスト
最終審査会で受賞作選定

ポイント

1)第13回介護作文・フォトコンテストの最終審査会を開催。受賞作決定
2)今回は前回を上回る計2,441の応募作品が集まる

全国老施協が実施する「介護作文・フォトコンテスト」の13回目のメインテーマは「今だからこそ、届けてほしい」。1月12日、同コンテストの作文・エッセイ、フォト、キャッチフレーズの各部門の最終審査会が行われた。
今回は合計2,441の応募作品が集まり、厳正なる審査の結果、次の受賞作品が決定した。なお、作文部門の入賞作品の一部は人気声優の小野賢章氏、一龍斎春水(麻上洋子)氏が朗読し、発表する。

介護報酬改定

令和3年度介護報酬改定
わかりやすい解説サイト開設


https://www.roushikyo.or.jp/?p=we-page-menu-1-3&category=19326&key=23182&typ

ポイント

1)令和3年度介護報酬改定をわかりやすく解説したサイトを開設
2)新運営基準や加算等を解説する動画も順次、公開予定

全国老施協は「令和3年度介護報酬改定」をわかりやすく解説するポータルサイトを開設し、新基本報酬や改定内容、事業運営のポイントなどの情報提供を行っている。
同サイトでは改定についての質問を受けつけているほか、新たな加算や運営基準などを解説する動画も順次、公開していく予定。そのほか、加算の廃止・新設、基本報酬・加算の新旧単位数を示し、その基礎データを用いて介護報酬の総額を簡単にシミュレーションできるExcelシート「介護報酬改定収益シミュレーター」も用意している。ぜひ利用していただきたい。

「新型コロナ感染発生時ノウハウ動画集」
濃厚接触者等へのケアも含めて解説

全国老施協は、新型コロナウイルス感染症における「濃厚接触者等へのケア」も含めた解説動画を一般公開している。
高齢者福祉施設では、入居者が新型コロナウイルス感染症に陽性と判断がつくまでには時間がかかってしまう場合がある。そこで、厚生労働省がこれまで提供してきた感染予防に特化した動画に対して、この動画集は「感染疑いのある方」「感染した方」がいた場合の対応の留意点などを取りまとめているのが特徴だ。
誰でも、何度でも閲覧できるので、興味のある方はぜひ視聴し、参考にしていただきたい。

動画集はこちら