トピックス

老施協TOPICS

2022年2月・会議ダイジェスト

2022.02 老施協 MONTHLY

老施協の動き

法人事業

令和3年度 都道府県・指定都市老施協会長会議(緊急)(WEB会議)
2022年1月5日(水)

養護老人ホーム、軽費老人ホーム・ケアハウスに従事する職員についても地方交付税措置により処遇改善への道筋がつけられたことを受け、その背景や経緯を説明したうえで、自治体に対する要請活動の具体的方法や展開にあたっての留意点などを協議、共有した。

法人事業

第9回正副会長・委員長会議(拡大)(WEB会議)2022年1月7日(金)

令和4年度予算・事業計画案について、各委員会・部会からヒアリングを実施した。この日のヒアリングをもとに、効果的な事業遂行に向けたさらなる精査・見直しが行われる。
事業遂行について、客観的な評価をより一層進めていくことを確認した。

養護

現状と課題の情報共有を密にするため
「都道府県等」関係者との懇談会を開催

懇談会

ポイント

1)都道府県・指定都市関係者から直接現状や意見を聞く懇談会を開催

2)各地の現状や課題を集約し、ブロック代表者会議で協議する

全国老施協の養護老人ホーム部会は、3月に開催予定のブロック代表者会議に先立ち、都道府県・指定都市関係者から現状・意見等を聞く懇談会を開催している。養護老人ホーム等保護費負担金が自治体の一般財源となり、自治体による対応に違いが出ているなか、都道府県・指定都市関係者と直接、意見交換を行い、各地の現状と課題をよりダイレクトに把握し、ブロック代表者会議での協議につなげていくのが狙い。昨年12月から今年2月にかけて、ブロック別に9回(関東ブロックは2回)開催する。
昨年12月14日にオンラインで行われた第1回目の懇談会(関東ブロック①)には、茨城県、群馬県、千葉県、神奈川県、長野県、静岡県、千葉市の関係者11人が出席。いわゆる措置控えによる空床や職員確保の問題、契約入所の現状、老朽化による建て替えの問題、入所者の高齢化・重度化などの課題について、意見を交換した。
開会に先立って挨拶した利光弘文養護老人ホーム部会長は、「率直な意見・要望をいただき、皆さんとともに養護が活躍できる場をつくっていきたい」と呼びかけた。

制度・政策

処遇改善支援補助金と養護・軽費の
処遇改善措置のQ&AをHPで公開

ポイント

1)処遇改善支援補助金と新たな処遇改善加算の考え方などを解説

2)養護・軽費等の措置費・事務費の引き上げの考え方などを整理

全国老施協では、「介護職員処遇改善支援補助金と新たな処遇改善加算」と「養護・軽費・ケアハウスの職員の給与改善に向けた措置費・事務費引上げへの要請活動」に関するQ&Aを作成し、ホームページで公開している(会員限定)。
「介護職員処遇改善支援補助金と新たな処遇改善加算に関するQ&A」では、介護職員処遇改善支援補助金の支給時期や申請手続き、「補助額の3分の2以上は介護職員のベースアップ等に使用」とされている「ベースアップ等」の範囲などについて解説。10月からの新たな処遇改善加算についても、手続きや交付率、支給額、ベースアップのルールなどを説明している。
「養護・軽費・ケアハウスの職員の給与改善に向けた措置費・事務費引上げへの要請活動に関するQ&A」は、1月5日に公開したQ&Aに加筆した最新版。昨年12月24日付けの厚生労働省通知「老人保護措置費に係る支弁額等の改定について」(技術的助言)の解釈をはじめ、改定が想定される「費目」や「上げ幅」について解説。基本的な考え方や対応の仕方、自治体への効果的な要請の仕方などについてアドバイスしている。ぜひ、参照してほしい。

会員ログインが必要です

制度・政策

濃厚接触者となった介護職員の
待機期間 最短で5日目に解除

ポイント

1)4日目と5日目に抗原定性検査で陰性なら介護職員の待機を解除

2)エッセンシャルワーカー以外の濃厚接触者の待機期間は7日間

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の待機期間については、オミクロン株の特性や社会経済への影響などを考慮し、介護職員などの「エッセンシャルワーカー」に対する取り扱いが随時、改正されている。
1月28日、厚生労働省は介護職員などのエッセンシャルワーカーに限っては自治体の判断により、条件付きで最短で5日目に解除することを通知した。職場から離脱する職員が増え、サービス提供が維持できなくなるケースを考慮したもの。今後も、改正の動向を注視しておきたい。

高齢者施設等の職員の濃厚接触者の取り扱い

詳しくはこちらから

広報

介護の魅力を伝えるショート動画を
募集中。老施協チャンネルに掲載

ポイント

1)15秒以内で介護の魅力を伝える動画を募集(3月末まで)

2)審査のうえ、老施協チャンネルに掲載の予定

全国老施協では、介護の魅力を伝えるためのショート動画を募集している。動画は15秒以内であれば、どんな内容でもOK。スマホで撮影し、簡単に応募できる。応募された動画は、審査のうえYouTubeの「老施協チャンネル」に掲載。下記QRコード先の応募フォームより投稿を。応募者には抽選で100人にQUOカード300円分が当たる。募集期間は3月31日(木)まで。

老施協の動き

詳しくはこちらから

研修申し込み受け付け中

管理者層をターゲットにした
定着研修をオンラインで開催

全国老施協は「令和3年度管理者向け定着研修」をオンラインで開催する。同研修は、採用した介護人材の早期離職を防ぐための取り組みを推進し、事業所の安定運営・経営に寄与できるよう、管理者・施設長を対象に実施するもの。「ライブ配信」および「終了後のオンデマンド動画配信」の両方が用意されている。

令和3年度管理者向け定着研修

〇 開催形式
オンライン研修(ライブ配信(定員50人)およびオンデマンド動画配信)
※Zoomを使用し一部演習形式

〇 申し込み期間
・オンライン研修(ライブ配信およびオンデマンド動画配信):2月21日(月)まで
・オンデマンド動画配信のみ:3月17日(木)まで

〇 開催日時
3月1日(火)13:00〜16:00

〇 配信期間
3月3日(木)〜3月31日(木)

〇 受講費
・オンライン研修(ライブ配信およびオンデマンド動画配信):会員1万円/非会員1万5,000円
・オンデマンド動画配信のみ:会員5,000円/非会員1万円

〇 申し込み
概要や申し込みはこちらより(会員は会員ログインが必要)