トピックス

永田町&霞が関TOPICS

制度を動かす

結合力と対話力は国民に響くか いきなり審判を受ける岸田新政権

2021.10 老施協 MONTHLY

法案・政策成立プロセス

菅義偉首相の突然の退陣表明に伴う自民党総裁選は、岸田文雄前政調会長が決選投票で河野太郎行政改革担当相を破り、第100代首相に就任、新内閣を発足させた。
内政、外交とも課題が山積する中で、岸田新首相が取り組むべき最優先の課題は、新型コロナウイルス対策だ。医療難民ゼロ、ステイホーム可能な経済対策、電子的ワクチン接種証明の活用と検査の無料化・拡大、感染症有事対応の抜本的強化という4本柱を打ち出し、年内に数十兆円規模の経済対策を策定する意向を表明した。
欠かせないのは、安倍、菅両政権下で迷走・混乱したコロナ対応の真摯な検証だ。ワクチン接種は加速したものの、スタートが出遅れ、感染者が落ち着いていた時期に最悪の事態を想定した準備を怠ったのは紛れもない事実で、結果として首都圏などで事実上の医療崩壊を招いてしまった。
感染症対策という国家の危機管理に際し、与党はもちろんのこと、専門家や自治体、そして野党とも胸襟を開いて話を聞き、英知を結集していく結合力とチーム力、そして国民に対して心に響く言葉で説明する対話力が不足していたのは明らか。その意味で、総裁選で「民主主義に最も大切な『国民の声』を丁寧に聞いていく」を第一に掲げた岸田首相の真価が問われる。
4人の戦いとなった今回の総裁選は、党員・党友票で優勢だった河野氏に対し、岸田氏は国会議員票でリード、最後は決選投票で安倍晋三前首相らが支援した高市早苗前総務相の票をほぼそっくりと上積みさせて勝負を決着させた。世代交代への警戒感、河野氏や河野陣営に入った石破茂元幹事長に対する反発があったのは間違いない。
総裁選勝利後に「生まれ変わった自民党をしっかりと国民に示し、支持を訴えないといけない。ノーサイドだ」と語った岸田首相。それが本物か、今度は11月の衆院選で国民の審判を受ける。(凛)

修光マーク

本会会員施設で働く小久保寛太さんが先日の東京2020パラリンピック(男子走り幅跳び/知的障害クラスT20)に出場し、見事4位入賞に輝きました。快挙を成し遂げた小久保さんと勤務する法人の伊藤常務理事をお招きし、喜びの声などを聞きました。

修光Style_TOP

小久保寛太
東京2020パラリンピック男子走り幅跳び(T20)4位入賞
社会福祉法人かつみ会(埼玉県深谷市)認知症対応型通所介護スタッフ

そのだ修光
全国老施協常任理事/参議院議員


練習と介護の仕事を両立。
次回パリ大会にも出場し、メダル獲得をめざしたい

本番の1本目で日本記録を13センチ更新

そのだ 4位入賞という見事な成績を収められました。おめでとうございます。

小久保 ありがとうございます。

そのだ 陸上競技はいつ始められたのですか。

小久保 中学校からです。ずっと短距離で、4年前に走り幅跳びに転向しました。

そのだ 4年の競技経験で日本記録保持者となられ、パラリンピック出場とは本当にすばらしい。パラリンピックでは1本目で日本記録をさらに13センチも更新されました。

小久保 アップのときから動きの調子が良かったので、良い記録が出ると思いましたけど、7メートルを超えられたのは自分でも驚きました。

そのだ 本番に強いのですね。

伊藤 これまでもドバイやインドネシアの大きな大会で記録を更新しています。

介護の仕事だからこそ競技と両立できる

そのだ 普段、認知症対応型通所介護事業所で働きながら、コーチ(樋口進太郎氏)と二人三脚で練習されていると聞きました。

小久保 はい。高校の校庭を借りて練習しています。

そのだ 仕事とはどのように両立されているのでしょうか。

伊藤 夏と冬で異なります。夏場は暑くなる前、朝練をしてから出勤してもらい、夕方から練習があるときは仕事を早く切り上げてもらうなど、練習と両立できるよう調整しています。

そのだ 利用されている高齢者の方も、世界的なアスリートが介護をしてくれるのですから、大いに元気づけられます。ましてや新型コロナウイルス感染症の影響で面会が制限されるなど、つらい時期にあるなか、小久保さんの存在は大きな支えになっていると思います。同僚の皆さんもさぞ誇りに思われていることでしょう。小久保さんの活躍を見て、介護の世界に入りたいと思う人も必ず出てくるのではないでしょうか。

伊藤 職場に、全国の人から「感動しました」「すごかった」というお手紙をいただきました。

そのだ 3年後のパラリンピックはフランスのパリです。

小久保 パリでは、メダルを取れるような記録を出せるよう頑張ります。

そのだ ご活躍を期待しています。

法人運営者からのコメント!

伊藤

伊藤重来さん(かつみ会常務理事・事務長)
職員全員、1本目のジャンプを見て思わず叫ぶほど大いに盛り上がりました。小久保さんは利用者の皆さんからも大人気で、今回も「頑張ったね」「やった!」と喜びの様子でした。

ご要望はこちらまで

さらに詳しく知りたい方は
下記ホームページにアクセスしてください
https://shuko-sonoda.com

LINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/%40psd1500s