速報

厚労省が布製マスクの配布を1/14迄実施
在庫の約8千万枚の有効活用を図る

JS-Weekly No.812

布製マスクの配布希望の申出等について

ポイント

① 在庫は令和3年度内を目途に廃棄

② 毎月配送については2月末の配送まで


配布を希望する場合は1月14日までに申請を

厚生労働省は12月24日、布製マスクの配布の申し出を1月14日まで実施することを自治体に事務連絡した。
令和2年3月中旬以降、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、希望する介護施設などに布製マスクを配布してきた。一方で、在庫の保管に費用を要する状態が続いていることから、在庫の約8,000万枚(令和3年11月末時点)について有効活用を図ったうえで、令和3年度内を目途に廃棄することになったことを受け、改めて申し出を募っている。
申し出は、令和4年1月14日(金)まで受け付ける。希望する場合は期日までに希望枚数(100枚単位)を申し出る。配布の対象は介護施設などの利用者・職員に限り、訪問・通所系サービス、介護予防サービスおよび介護予防・日常生活支援総合事業の利用者分については、ケアマネジャー・地域包括支援センターが申し出ることになる。
なお、これまで受け付けを行っていた毎月配送については2月末の配送で終了となる。

申請先:maskhaifukibou@mhlw.go.jp
様式・詳細
参考資料