速報

〈厚生労働省〉

施設への布製マスク配布 毎月の定期配送も実施

JS-Weekly No.805

介護施設等への布製マスクの配布希望の申出に係る提出様式の変更について

ポイント

① 毎月配送など柔軟に対応

② 配布希望の施設が提出する様式も変更


単発配送と毎月配送の2種類の配送形態から選択可能

厚生労働省や内閣府等は11月4日、介護施設等への布製マスクの配送形態と配布希望の申し出に係る提出様式の変更について都道府県関係者に事務連絡し、関連団体、関連施設への周知を依頼した。介護施設向けのリーフレットも作成し、周知の際に活用するよう呼びかけている。
布マスクの配布については、介護施設、障害者施設、児童福祉施設、福祉事務所などの利用者・職員を対象に、令和2年3月中旬以降、希望する施設に対して行っている。
原則として100枚単位で申し出のあった施設に必要な枚数を配布してきたが、今回は新たに毎月配送を設定。必要なときに必要な枚数を配布してもらう単発配送と、毎月1回、必要な枚数を定期的に配布してもらう毎月配送の2種類の配送形態から選べるようになる。
配布希望の申し出については、HPから申請様式をダウンロードし、必要事項を入力して送付する。なお、新たに毎月配送が加わったことに伴い提出様式も変更になっているが、従前の様式での申し出にも対応するとしている。

参考資料

出典:厚生労働省