特集

スペシャル

特報 全国の仲間を「つなぐ、つなげる」
スマホアプリ「老施協.com」を活用しよう!

2022.01 老施協 MONTHLY

全国老施協は、介護現場で働く人たちが知りたい情報に気軽にアクセスでき、なおかつ双方向の対話もできるスマホアプリ「老施協.com」を昨年6月にリリースした。11月には現場の悩みに専門家が回答するサービスも加わり、より多くの皆さんに利用してもらえるようリニューアルしている。

現場職員の声に直接対応するサービスを展開

「老施協.com(ドットコム)」は、介護現場で働く職員の意見や疑問、悩みなどに直接応えるためのツールとして、全国老施協が独自に開発したスマホアプリ。「高齢者福祉で働く人のためのパスポート」をコンセプトに、スマホにこのアプリを入れるだけで全国老施協のすべての情報とつながることができるようになっている。
 また、スマホを介した双方向の対話ができるネットワークを構築することで、33万人と推計される会員の介護職員とつながることも可能だ。介護現場が求める情報を隅々まで伝えつつ、同時に現場の声をきめ細かく収集し、政策提言に結びつけることができる体制づくりをめざしている。

気軽に意見を発信できる「投票」機能に注目

「老施協ドットコム」のホーム画面では、主要メディアから高齢者福祉に関連するニュースを自動収集し配信。最新ニュースが見られるほか、検索機能やSNS連携機能、ブックマーク機能などを備えている。
 「投票」機能は運営事務局が実施しているアンケート。誰でも無記名で気軽に投票でき、コメントの入力も可能だ。回答は見える化され、政策提言や事業開発などに活かされる。このほど、投票を行うとポイントが付与されるサービスも開始した※。
 また、YouTubeの「公式全国老施協」や「老施協チャンネル」などから高齢者福祉に関連する動画の配信も行っており、気になる動画をいつでもどこでも手軽に視聴することができる。

※お好きな商品と交換できる:ポイントは「1pt=1円程度」でAmazonギフト券やコンビニ、カフェで使える商品券などと交換することができます。交換できる商品や交換方法の詳細は、交換ページでご確認ください。質問・回答・投票など、アプリをたくさん使うことでポイントが貯まります。

アプリを毎日使って、ポイントを貯めよう!
ホーム画面での「投票」や、「談話室」で質問・回答(投稿)を行った場合は、ドットコムポイントが付与されます。

介護職同士で悩みを共有し、みんなで解決!

「談話室」は、介護職同士で悩みを共有したり、課題を解決し合ったりできるユニークな機能だ。「特養」や「養護、軽費・ケアハウス」「デイサービス」のほか、「コロナ対策」「災害・防災」「介護用品・用具」「地域貢献・レクリエーション」など幅広いテーマが設けられていて、介護現場で困っていること、誰かに聞きたいこと、相談したいことがあれば、「質問」のボタンから気軽に投稿できる。「福祉を考える」といった大きなテーマもあれば、「キャリア・転職」「お金・給料」「子育て・家庭」「職場・人間関係」「健康・美容」「恋愛・結婚」「雑談・つぶやき」「愚痴」などの身近なテーマも用意されている。
 これらのテーマに対して投稿された質問を見た他のユーザーからは、さまざまな意見や解決策などが寄せられる。日本最大級の全国老施協のネットワークを活用して、現場の悩みをみんなで解決していく仕組みだ。共感した質問には「いいね」でリアクションしたり、ブックマークしておくことも可能。プライバシー保護や不適切な投稿をカットする仕組みもあり、安心して利用できる。
 昨年11月からは、専門家が回答するサービスも開始した。認知症ケアなどより専門的な意見が必要となるテーマについては、ユーザーからの質問に対して全国老施協が委嘱する専門家がすぐ回答してくれる。より専門的な意見を聞きたい場合に、ぜひお勧めしたい。

知りたいこと、聞きたいことに専門家が速やかに回答!
「談話室」では、専門家が回答してくれるサービスを開始。認知症に関する質問には、全国老施協が委嘱する専門家が速やかに回答してくれます。

全国老施協が提供する独自サービスにもアクセス

全国老施協が提供している独自のサービスに直接アクセスできるのも大きなメリットだ。全国老施協の制度政策や主要な通知を配信するほか、『月刊老施協』の記事をデジタル化した「老施協デジタル」を配信。「便利帳」では老施協の相談窓口として、法律問題の相談ができる「老施協リーガルサポート電話窓口」、制度政策に関して質問できる「JSWEB110」などにリンクしている。また、災害対策、新形コロナウイルス対策、医療・介護関連連携などの専門サイトにアクセスすることもできる。
 このほかにも、回答や「いいね」が届いたらプッシュ通知が受け取れる「お知らせ」や、個人の匿名情報を登録することで質問や回答、お気に入りなどが確認できる「マイページ」などの機能も充実。アプリはQRコードやアプリストアから簡単にインストールできるので、高齢者福祉・介護に関わるすべての人の定番アプリとして、積極的に活用していただきたい。
 「老施協ドットコム」のダウンロード数はリリース後半年で5000ユーザーを超え、現在もますます拡大中。これからも機能のさらなる強化やメリットの周知を進めていくので、ぜひ使いこなして日常の業務の充実に役立ててほしい。

インストールはこちらから(iOS、Android共通)
ホームページでの解説はこちら
YouTubeはこちら

▶アプリ利用時は、気兼ねなく利用できるよう、ニックネームなどをご使用ください。
▶利用者の個人情報を含む利用者情報は、「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱われます。
▶誹謗・中傷などの炎上対策として、利用規約(ガイドライン)に基づく適切な対応を実施しています。利用規約に違反したユーザーには、投稿の制限、アカウントの停止等の処置があり、場合によっては、顧問弁護士やリスク管理業者による専門的対処が行われます。安心してご利用ください。