特集

スペシャル

令和3年度 全国老人福祉施設研究会議「鹿児島会議」
鹿児島から新たな介護を切り拓く!

2021.12 老施協 MONTHLY

介護新時代への船出
〜現場革新と科学的介護の実現〜

深刻な人材不足、サービス需要の変化、ICT(情報通信技術)への対応など山積する課題に直面する全国の仲間の志が集結! 先進的な実践事例や研究成果を共有し、共に学び・共に新時代を切り拓くべく、「令和3年度全国老人福祉施設研究会議(鹿児島会議)」を開催する。

ハイブリッド開催:全体会会場での集合開催+ライブビューイング配信&オンデマンド配信
◎主催:公益社団法人全国老人福祉施設協議会、一般社団法人鹿児島県老人福祉施設協議会
◎後援:厚生労働省、鹿児島県、鹿児島市、社会福祉法人全国社会福祉協議会、社会福祉法人鹿児島県社会福祉協議会

今年度の全国研究会議はオンデマンド配信を活用し、遠隔地に居ながら皆さんに視聴していただける形で実施する。基調報告、中央情勢報告、記念講演などを予定する1日目(令和4年1月13日)の全体会は鹿児島県鹿児島市で開催するが、ライブビューイング配信も併せて行う“ハイブリッド開催”とする。
2日目の6つの分科会は「科学的ケアの実践」や「人材採用・育成・定着戦略とコロナ禍での対応」など必見のプログラムを用意。テーマごとの実践研究発表のほか、先駆的特別報告、有識者による特別報告からなる充実の内容を、完全オンデマンドで配信する。申し込んでいただければ、動画配信期間中(令和4年1月14日〜3月31日)は6つの分科会を含め、すべてのプログラムを“いつでも・どこでも・何度でも”視聴できる。
もとより厳しい事業環境に新型コロナウイルス感染症の影響も加わるなか、介護事業者は、LIFE(科学的介護情報システム)に対応し、効果的・効率的で持続可能性の高いサービス提供体制の構築という困難なミッションも求められている。年初にあたり、鹿児島会議を新たな時代への指針を見出す場とし、これからの現場革新・施設運営に役立てていただきたい。

ハイブリッド開催&オンデマンド配信で実施!
1日目の全体会 ⇒ ハイブリッド開催(会場での集合開催+ライブビューイング&後日オンデマンド配信)
2日目の分科会 ⇒ オンデマンド配信
※感染症の流行状況によっては無観客での開催等、開催方法が変更となる場合があります。
●オンデマンド配信期間:2022年3月31日(木)まで
●配信の申し込み期間:2022年3月21日(月)まで
●配信の申し込みはこちら:http://www.arrow-tourist.jp/