おすすめガイド

2021年10月

2021.10 老施協 MONTHLY

映画

生きる喜びとは何か、を知る

ドキュメンタリー映画

生後すぐに「脳死に近い状態」と宣告された帆花(ほのか)ちゃんと両親の日常の記録。3歳から小学校入学までの3年間にわたる家族の時間、日々の営みをみつめる。

『帆花』

『帆花』

2022年1月よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
©️JyaJya Films+noa film
http://honoka-film.com/

人生100年時代の後半戦を

うまいこと生きていくコツ

老い、孤独、人間関係、終活など、山積するシニアの悩みに、92歳と54歳の精神科コンビが寄り添い、答えを出してくれる1冊。心安らかに老いるヒントがいっぱい。

『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』

『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』

中村恒子・奥田弘美著
すばる舎刊
定価1,320円(税込み)

本人、家族、支援者など 

ひきこもりに関わるすべての人に

「親の不適切なしつけによる発達性トラウマから複雑性PTSDが生じ、一部の人がひきこもりに移行」という仮説をもとに、ひきこもりの人への関わり方や治療法を解説。

『外傷性ひきこもり』

『外傷性ひきこもり』

宮田量治著
星和書店刊
定価2,640円(税込み)

宅配弁当の配達員が

独居老人の日常を切り取る

2004年から14年まで神奈川県川崎市で高齢者専門の弁当配達のアルバイトをした著者が、配達先の老人を撮影した写真集。リアルな日常が1枚1枚から感じられる。

『ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ』

『ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ』

福島あつし著
青幻舎刊
定価3,960円(税込み)

自助も共助も限界だ 

寝ている公助を叩き起こす

住居支援等の困窮者支援に取り組んできた著者が、コロナ禍での支援活動の記録を綴り、すべての人が健康で安全な生活を送るために必要な政策を提言する。

『貧困パンデミック』

『貧困パンデミック』

稲葉剛著
明石書店刊
定価1,980円(税込み)

「疲れたあなた」を労わる

自分に優しくする力

セルフ・コンパッション(自分への思いやり)について、実証研究の先駆者であるK・ネフが自身の体験や学術的な知見をもとにわかりやすく解説。新訳・新装版で登場。

『セルフ・コンパッション[新訳版]』

『セルフ・コンパッション[新訳版]』

クリスティン・ネフ著
浅田仁子訳
金剛出版刊
定価3,740円(税込み)

BPSDを予防するケアで

笑顔で過ごせるようになる

認知症の行動・心理症状(BPSD)を正しく理解できる1冊。予兆の気づき方から、発症を防ぐための考え方や具体的な対応、ケアの効果を客観的に見る方法までを習得できる。

『認知症ケアの達人をめざす』

『認知症ケアの達人をめざす』

山口晴保/伊東美緒/藤生大我著
協同医書出版社刊
定価1,980円(税込み)

ああいうか、こういうか 

言い方で患者の判断が変わる?

20%効果ありと80%効果なしはどう違うなど、緩和ケアの臨床家が出合うさまざまな場面で、“ああいうとこういう”でどういう印象を与え、効果をもたらすかを解説。

『緩和ケア・コミュニケーションのエビデンス』

『緩和ケア・コミュニケーションのエビデンス』

森田達也著
医学書院刊
定価2,200円(税込み)

介護施設の運営・管理で

転ばぬ先の杖となる1冊

介護施設でありがちなトラブルの予防・対応策を、介護法務に精通した弁護士が徹底解説。現場で使える書式がダウンロードできる。全国老人福祉施設協議会推薦図書。

『Q&Aでわかる!介護施設の紛争予防・対応マニュアル』

『Q&Aでわかる!介護施設の紛争予防・対応マニュアル』

齋藤秀一著
長野佑紀著
日本医事新報社刊
定価3,300円(税込み)